育毛剤の画像

より良い育毛剤の使い方について

世の中には数多くの育毛剤が販売されています。
その中でどれを選ぶかは非常に難しく、その人に合ったものを選ぶとなるとそれは至難の業です。
当然、選定ということも大切ではありますが、それ以上に育毛剤の使い方が重要な割合を占めていることも認識しておく必要があります。
一つ目は、髪の毛そのものではなく、頭皮に塗布するということです。
このことが意外と認識されていません。
髪の毛に塗布をすれば、髪の毛自体に作用すると思う方々がいるかもしれませんが、草木と同じようにその土壌である頭皮に塗布してこそ効果があるのです。
頭皮に塗布すれば頭皮の中にしみ込み初めて栄養が髪の毛の根っこである毛根に届くのです。
そうして初めて髪の毛自体の成長に繋げることが出来るわけです。
二つ目は、塗布の方法についてです。
まず2  3滴を頭皮に塗布して、それから指の腹でしっかりと頭皮に馴染ませるように擦り込むことです。
一気に大量に塗布してしまう人がいますがそれは間違いでまんべんなく頭皮に擦り込まれなくなってしまいます。
逆に折角塗布したものが流れてしまい損するだけのことになり兼ねません。
あくまで目的は頭皮にまんべんなく擦り込むことなので、少しづつ頭皮に塗布し擦り込むことが一番良い方法になります。
三つ目は、頭皮に擦り込んだだけではなく、擦り込んだ後に頭皮をマッサージして、より頭皮の中に浸透させることです。
頭皮に擦り込むことでも当然効果はありますが、更に効果を得ようとするとすぐに頭皮マッサージをすることが一番の方法となるわけです。
ただ、そのマッサージの方法でも誤った方法は取らないことが大切です。
これも指の腹で頭皮を傷つけないように包み込むように押し込むように柔らかくマッサージを行います。
このマッサージを頭皮の前側から真ん中、そして後頭部にかけて全てをカバーするように順番に行い頭皮全体に頭皮の奥まで浸透させるように行います。
そうすれば育毛剤も最大の効果を発揮することでしょう。
四つ目は、シャンプーをした後にこの一つ目から三つ目までの行動を必ず行うことです。
シャンプーをしていない時でももちろん効果はありますので、してはいけないということではありません。
しかし、シャンプーをした後だと当然頭皮はある程度綺麗な状態です。
ということは育毛剤も浸透しやすい状態ということになります。
そのような最適の条件の基でこの一つ目から三つ目までの行動を行うことで髪の毛には最大の効果をもたらすことになるでしょう。
これら四つのことを実践すれば少なくとも今の状態の髪の毛の維持は必ず出来ます。
こちらのサイトの育毛剤と発毛剤の違いについての詳しい解説もおすすめですので、是非ご覧ください。

Copyright(c) 2013 hair.com All Rights Reserved.